4月 2013 Archive

市販の白髪染めの危険性について

30代後半になると、白髪もチラホラと増えてきてしまいますよね。

私の場合は、28歳での出産を機会に目立つようになってきてしまいました。

 

最初は毛抜きで白髪を抜いて処理していましたが、だんだんだんだん追いつかなくなり、薬局でヘアカラーを買って自分で染めていました。

「白髪染め」ではなく「ヘアカラー」というのが、せめてもの反抗というか、
自分への言い訳というか・・・(笑)
なんだか白髪染めと書いている商品を買うのは、ちょっと勇気が要るのですw

 

それで月に1~2回程度、自分で対処していましたが、どうしても後ろ側や、髪の内側は染まらないので、髪を上げるヘアスタイルをどんどんしなくなってきて、帽子を被ることも増えてきたので、数回に1回は美容室で白髪染めをおこなってもらうようになってきました。

 

そのころくらいからなんですよね、頭皮の皮がむけて、フケのようになって出てくるようになったのは。
もともと花粉症で鼻炎持ちだし、敏感肌体質なので、白髪染めの刺激に我慢しながら使っていたのがよくなかったのでしょうか。
そこからは旦那と一緒に、頭皮に優しいといわれるヘアカラー商品をいろいろと探していると、「敏感肌の白髪染め比較ランキング」というサイトを見つけることが出来て、私と同じような悩みを持った管理人さんだったので、安心して商品選びをすることが出来ました。

 

市販の白髪染めほど安くはないのですが、使い切りタイプではないので、実は費用面も以前より安くついています。美容室で染めると1回8,000円くらいかかっていたので。

もし私のように頭皮がめくれてきてしまったという方がいらしたら、頭皮にやさしいヘアカラー商品を使ってみて下さいね。

Posted by admin in 白髪染めの危険性